北海道の観光タクシーなら、ちどりハイヤー株式会社へ。旭川や富良野、美瑛の観光を快適にサポートいたします。

世界のタクシー事情

c_03-2旭川空港に到着した後に、観光する予定の方はいらっしゃいますか。
それなら、タクシー観光はいかがでしょうか。
そこでご利用頂きたいのが、当社のタクシーです。

 

小型車のコンフォートやマークⅡ、中型車で高級感のある黒塗りのクラウン、家族やグループならジャンボハイヤーと揃えており、お客様の都合に合わせてご利用頂けます。
人気の旭山動物園や温泉地など、旭川空港からどの観光地にもお連れしますので、ご依頼下さい。

 

当社に限らず、日本各地はもちろん、世界各国でタクシーは利用されています。
世界各国のタクシー事情はどのようになっているのでしょうか。
興味のある方に、世界のタクシー事情についてご紹介します。

 

世界各国のタクシー事情

  1. インド
    インドでは、通常のメーター付きのタクシー、メーターなしのハイヤー、そしてリクシャーと呼ばれる、メーター付きの三輪タクシーがあります。
    通常のメーター付きタクシーとメーター付きの三輪タクシーのリクシャーは、メーターは付いていますが、実際メーターは使用されていません。
    多くが交渉により決められます。
  2. イギリス
    イギリスのロンドンのタクシーといえば、オースティンの黒塗の車体がとても有名です。
    格別の存在感を現しています。
    そのタクシードライバーは、厳しい試験を突破しており、地理を熟知しています。
    料金支払いの際は、日本とは違い、先に降りてから助手席の窓越しで行うのが一般的です。
  3. オランダ
    オランダでは、流しのタクシーはありません。
    電話で呼ぶことが一般的となっています。
    また、タクシー乗り場、ホテルでの乗車も可能です。
    ドライバー認定制度といって、サービスの質と向上を保証するための制度があるのですが、この基準をクリアしたタクシーには、「T☆K」という文字のステッカーが貼られているので、チェックしてみるといいでしょう。

他にも世界各国では、様々なタクシー事情がありますので、興味のある方は調べてみるといいでしょう。

前のページへ